“しゆはふ”の漢字の書き方と例文
語句割合
手法100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
てに共通した手法方針は、由來化物形態には何等不自然箇所がある。それを藝術自然さうとするのが大體方針らしい。
妖怪研究 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
たとへば落款とか手法とか乃至紙墨などと云ふ物質的材料を真似たものになると、その真贋を鑑定するものはど一種の直覚のに何もないと云ふ事に帰着してしまふ。
鑑定 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)