“しゅうりょ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
醜虜66.7%
囚虜33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けだし神州の臣民にして情を醜虜しゅうりょひさぐもの、俗に洋妾ラシャメンとなうるはこれなり。
金時計 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
怒気天をくだの、暴慢なる露人だの、醜虜しゅうりょたんを寒からしむだの、すべてえらそうで安っぽい辞句はどこにも使ってない。
趣味の遺伝 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
囚虜しゅうりょを幽閉したという深い井戸のような穴があった。
異郷 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)