“しゅうぞく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
衆俗66.7%
醜族33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
このゆえ天然てんねんにあれ、人事にあれ、衆俗しゅうぞく辟易へきえきして近づきがたしとなすところにおいて、芸術家は無数の琳琅りんろうを見、無上むじょう宝璐ほうろを知る。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
世に、緋、紫、金襴きんらん緞子どんすよそおうて、伽藍がらんに処すること、高家諸侯こうけだいみょうの如く、あるいは仏菩薩ぶつぼさつの玄関番として、衆俗しゅうぞくを、受附で威張いばって追払おっぱらうようなのが少くない。
七宝の柱 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
(——しゅうと山城守道三どうさんの怨みをはらし、不義不倫の醜族しゅうぞくを討ち、悪政の下にあえぐ良民を救う!)
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)