“こたけ”の漢字の書き方と例文
語句割合
小竹100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御贔屓になすった芳町金八にお豐も御ひいきに成りました、義理が有るで、松源と鳥八十、大茂へまいりまして、又下谷の芸妓ではお稻に小〆小竹、小ゑつ
松と藤芸妓の替紋 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
荻江の文子さんが来て、小竹梅子も内に遊んでゐましたといふに、そんなら呼べと座はかになりぬ、三谷が梅子に可哀さうに風を引いてゐるといへば、お万引き取りて
そめちがへ (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
小竹さん」と呼ばれることもあった。
少年探偵長 (新字新仮名) / 海野十三(著)