“こちく”の漢字の書き方と例文
語句割合
小竹100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
のつよい、そのくせ体のひよわい小竹は、泣きぬいていたが、やっとぶとんの中で、乳を離れかけた。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
達者に——というべき後も、につまって、それしか出なかった。母は神棚の前へ、背を曲げていた。泣きだした小竹を抱いて、おつみは外へ追いかけて出て来た。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
秀吉の弟、あの中村の茅屋で、よくピイピイ泣いていた弟の小竹は、いまはすでに、立派な武将となって、羽柴小一郎秀長と名のり、そのかたわらに業をけていた。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「あしたから、おらがってやろうね。ええ小竹や小竹や」
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それから義弟の小竹と、末の義妹とであった。
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)