“しょうちく”の漢字の書き方と例文
語句割合
小竹100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
山陽だとか、小竹だとか、海屋だとか、広沢だとか、そんなことがいけない。本当に書をやるには、本家本元の本格のものに就いて正楷を本当に叩き込まなけりゃならぬ。
大菩薩峠:33 不破の関の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
篠崎小竹の顔も見え、岡田半江小田などの画人や、伊丹剣菱の主人なども来ていた。
梅颸の杖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)