“サヽ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
小竹50.0%
50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小竹の葉はみ山もさやにさやげどもわれは妹思ふ別れ来ぬれば 柿本人麿
其中日記:12 (十二) (新字旧仮名) / 種田山頭火(著)
精霊流しの一脈のを伝うて行くと、七夕のや、上巳の雛に逢着する。五月の鯉幟も髯籠の転化である。
盆踊りと祭屋台と (新字旧仮名) / 折口信夫(著)