“ぎふぢやうちん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
岐阜提灯75.0%
岐阜堤燈25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先生は、警抜な一章を読み了る毎に、黄いろい布表紙の本を、膝の上へ置いて、ヴエランダに吊してある岐阜提灯ぎふぢやうちんの方を、漫然と一瞥いちべつする。
手巾 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
むらさきふさのしつとりした岐阜提灯ぎふぢやうちん淺葱あさぎにすくのに
深川浅景 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
岐阜堤燈ぎふぢやうちんのかげうつる茶屋のうしろのながし湯の
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)