“きよぎよ”の漢字の書き方と例文
語句割合
巨魚100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もとより巨魚とてとても、引上げるどころのでない、てば端艇諸共海底引込まれんず有樣、けれど此時鐵鎖如何してたれやうぞ、沙魚つか、けるか