“きぶせう”の漢字の書き方と例文
語句割合
氣不精100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ればめてしのびやかに吐息をつく、良人不審つれば、うも御座んすからとてもようはべられず、晝寢がちに氣不精りて、次第きを
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)