“かんにん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
堪忍87.3%
勘忍11.3%
官人1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
されば川島未亡人も三十年の辛抱、こらえこらえし堪忍の水門、夫の棺の閉ずるより早く、さっと押し開いて一度に切って流しぬ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
が、勘忍ぶくろのが切れた。じぶんは、どうなってもよかった。乱心といわれても、切腹でも、そんなことは、かまっていられなかった。
元禄十三年 (新字新仮名) / 林不忘(著)
同じ日の同じ時刻に、上の官人発企によって持彦は加茂の川原に連れ出されていた。そして彼は秋おそいみそぎの水を浴びなければならないように、四囲の事情が迫っていた。
花桐 (新字新仮名) / 室生犀星(著)