“かたすみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
片隅95.0%
一隅4.2%
片角0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
のなかはさつぱりと片附いてゐました。まんなかに木の卓子があつて、椅子が四つ並んでゐました。片隅にベッドがありました。
エミリアンの旅 (新字旧仮名) / 豊島与志雄(著)
マデレンのくろずんだ巨大な寺院を背景として一日中自動車の洪水渦巻いているプラス・ド・マデレンの一隅にクラシックな品位を保ってましく存在するレストラン・ラルウ
異国食餌抄 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
名状し難い苦々しい忌わしい空気が、二人を囚えた。彼は引きつらした口の片角をびくびく震わした。彼女は眼を大きく見開いて、輝きの失せた瞳をぼんやり空間に定めた。
二つの途 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)