“おなじく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
91.7%
同苗8.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また吉原に往った時に呼ばれたものは都有中うちゅうおなじく権平、同米八、清元千蔵、同仲助、桜川寿六、花柳鳴助等である。
細木香以 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
恭忠は備後国福山の城主阿部あべ伊勢守正倫まさともおなじく備中守正精まさきよの二代に仕えた。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
同苗おなじく美濃守資正入道みのゝかみすけまさにゅうどうらくさいなどすこぶる処のものが籠城をしてる、其の頃は鉄砲が流行はやらんから矢戦であったが