“おつむり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
御頭66.7%
33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
はげしくなると私を御離しなさらないで、切ないような目付をなさりながら、私のせなか御頭おつむりを押しつけておいでなさる。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
懇ろに宝石の韻をちりばめた、純金属の格子細工のやうに、みがきあげたわたくしのうたで、おんみの御頭おつむりの為に、大宝冠を造るでござりませう。
さてこそ奴等のおつむりは、恋々として横に揺れ。