“うらうら”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ウラウラ
語句割合
浦々50.0%
悠々25.0%
麗々25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのころ渡船となすもの多きうちにも、源が名は浦々にまで聞こえし。
源おじ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
悠々と照り暮す山々を見せましょう、と乳母が言い出した。木立ち・山陰から盗み見する者のないように、家人らを、一町・二町先まで見張りに出して、郎女を、外に誘い出した。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
そうして其処で、まどろんで居る中に、悠々と長い春の日も、暮れてしまった。嬢子は、家路と思うを、あちこち歩いて見た。脚はにさされ、は、木のにひき裂かれた。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
麗々と足を洗へば竜胆の光りこぼるる心地こそすれ
雲母集 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)