“うつりが”の漢字の書き方と例文
語句割合
移香100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人肌のぬくみも去らず、身に染みた移香うつりがをそのまま、梓はやしきに帰って、ずッと通ると、居間の中には女まじりにわやわや人声。
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
火の見を仰いで、移香うつりが惜気おしげなく、えいざましに、月の景色を見るさまの、その行く処には、返咲かえりざきの、桜が咲き
みさごの鮨 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)