“いまがた”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
今方75.0%
最前25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
十畳の一室は、朝十一時から店へ出ていた女給と、今方いまがた来たものとの交代時間で、坐る場所もないほど混雑している最中。
つゆのあとさき (新字新仮名) / 永井荷風(著)
さすがにたった今方いまがた世にも恐ろしい騒動のあったあととて女供は一斉に声をひそめ姿を隠してしまったので
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
こりゃ、しっかりとおやらう! つい最前いまがたまでこひしさにぬるくるしみをてござったその戀人こひゞとのヂュリエットはつゝがない。