“いはい”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:イハイ
語句割合
位牌86.9%
違背11.3%
異背1.3%
霊牌0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
まだ警察から下渡されず、仏壇の前の白布で覆われた台には急えの位牌ばかりが置かれ、それに物々しく香華がたむけてあった。
陰獣 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
大「勘弁りならん、神原殿がお頼みによって、其の方に申聞けた、だが今になって違背されては此の儘に差置けんから、只今手討に致す」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
(いずれ協力一致して、幼君を奉戴異背あるまじき事)
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その新らしい霊牌を持って、未見の嫁と孫がまだ深かった北国の雪を踏んで尋ねて来た。
放生津物語 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)