“いなり”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:イナリ
語句割合
稲荷90.6%
稻荷8.6%
居形0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
嫁や娘たちが、海辺や湯治場で、暑い夏を過すあいだ、内儀さんは質素な扮装をして、川崎の大師や、羽田の稲荷へ出かけて行った。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
はお稻荷さまの使ひですよ。この番人ですよ。もこれで時分には隨分いたずらなでして、諸方しました。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
居形のまま顔を向けてみると、そこに、の宅助が、皮肉な面がまえをして、お米の気がつくまで睨んでいた。
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)