“ありがたみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
有難味62.5%
難有味37.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「天気商売をしてゐると初めて太陽てんたう様の有難味ありがたみがわかる。」重役は窓から身を引きながらそれに答へた。
手品師 (新字旧仮名) / 久米正雄(著)
いつ呼んでも来て呉れる心安こころやすい、明けっぱなしで居られる友達の有難味ありがたみを、はなれるとしみじみとかんじる。
秋風 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
国の方の言葉、国の方の血、国の方の人——求めても得られない遠い異郷の空にあって、彼はしみじみそれらのものの難有味ありがたみを知った。
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
稲八金天大明権現王子いなはちこんてんだいみょうごんげんのおうじと神様の合資会社で、混雑千万、俗臭紛々難有味ありがたみ少しもなく、頭痛胸悪くなりて逃げて行く。
神社合祀に関する意見 (新字新仮名) / 南方熊楠(著)