“ありがたさ”の漢字の書き方と例文
語句割合
難有味100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今は梵音ぼんおん難有味ありがたさも消えて、唯同じ人間世界の情慾の声、といふ感想かんじしか耳の底に残らない。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)