“黒襟”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くろえり87.5%
えり12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
黒襟半纏のまんま、長火鉢のまえから引っ立てられて行った姿は、なに、水の垂れるほどじゃあなかったが、ちょいとした女だったそうだ。
葉子と顔を見合わした瞬間には部屋を間違えたと思ったらしく、少しあわてて身を引こうとしたが、すぐ櫛巻きにして黒襟をかけたその女が葉子だったのに気が付くと
或る女:2(後編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
急に黒襟のない着物を着たのと、髪の違ったのがなおさら人柄を違えて見せたのだった。