“黄縞”の読み方と例文
読み方割合
きじま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
六畳の部屋には、もう総桐の箪笥が一棹えられてある。新しい鏡台もその上に載せてあった。借りて来た火鉢黄縞座蒲団などが、い畳の上に積んであった。
新世帯 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
天鵝絨括枕を横へ取って、足をしてにかさねた、黄縞の郡内に、桃色の絹の肩当てした掻巻を引き寄せる、手がって、ひやりとくかかった裏の羽二重が燃ゆるよう。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
私は柳屋の娘というと黄縞黒襟で赤い帯を年が年中していたように印象されている。弟のちゃんは私が一番の仲よしで町ッ子の群れのうちでは小ざっぱりした服装をしていた。
山の手の子 (新字新仮名) / 水上滝太郎(著)