“鹿野山”の読み方と例文
読み方割合
かのうざん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
片づけてみせるからお前たちはどうでもいいようにするがいい。いずれ土用のの日にゃ、鹿野山でお目にかかるからな。あばよ
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
鹿野山という山一つ越せば、日蓮誕生寺で知られた小湊へ出られることをも知りました。
力餅 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
こゝは鹿野山の峯つゞきにして、眼界いとひろし。
房州紀行 (旧字旧仮名) / 大町桂月(著)