“鹿子木孟郎”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かのこぎたけしらう66.7%
かのこぎまうらう33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二日の大阪ホテルで催された洋画家鹿子木孟郎氏の歓迎会の席上、鹿子木氏が近頃流行の“Camouflage”といふ語を口に出すと、居合せた大阪の洋画家連は、いづれも初耳らしく
洋画家の鹿子木孟郎氏は、結婚した当座といふもの、子供が無いのをく苦に病んでゐたが、巴里で秘方の薬でも授かつたものか、二度目の洋行から帰つて来ると、程なく花のやうな女のけた。
日本人では古い所で中林不折鹿子木孟郎諸君のが一枚づつ、近頃で安井の絵が三枚れも目に着く。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)