“鬱念”の読み方と例文
読み方割合
うつねん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また近郷にわたって、を飛ばせば、おそらく今の時勢に、鬱念を感じている者もすくなくはありませんから、きっと、三十人や四十人の兵はすぐできるかと思います
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
たしかに感じられた手応え、存分なりをよりながら、一角もまたおもむろに槍を戻した。そして、槍の尖端からポト——と糸をいた一滴の粘液に、年来の鬱念を一時に晴らした心地。
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それを今、外から聞いて来た主税が、って父にその鬱念を吐こうとすると
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)