“高間”の読み方と例文
読み方割合
たかま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その目的を以て田山白雲は、要石から潮宮高間の原の鬼塚、末無川のいわゆる鹿島の七不思議を見て、下津の浜まで来てしまいました。
大菩薩峠:28 Oceanの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
持せ陸尺十人駕籠の左右に諏訪右門本多源右衞門高間大膳同じく權内藤代要人遠藤東次右衞門等また金御紋跡箱二ツ簑箱一ツ爪折傘には黒天鵞絨化粧紐
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
杉のうへに茅渟の海見るかつらぎや高間の山に朝立ちぬ我れ
恋衣 (新字旧仮名) / 山川登美子増田雅子与謝野晶子(著)