“高藪”の読み方と例文
読み方割合
たかやぶ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こう聞かれるたびに健三は、彼の記憶のうちに見える赤い門——高藪われた小さな赤い門のを挙げて答えなければならなかった。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「ごらんなさい。あの高藪の上に、ふらふらと、人魂のような赤い挑灯がしきりに暗号を振っているでしょうが」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
両側の高藪は人をおどすように不意にざわざわと鳴って、どこかで狐の呼ぶ声もきこえた。
玉藻の前 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)