“馬足”の読み方と例文
読み方割合
ばそく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
されば三月の末にいたれば我さきにと此垣を作る事なり。さて又雪中は馬足もたゝず耕作もせざれば、馬はにあそばせおく事百日あまり也。
とぷつりッと母指で備前盛景の鯉口を切って馬足を詰めました。山三郎は驚く気色もなく
されば三月の末にいたれば我さきにと此垣を作る事なり。さて又雪中は馬足もたゝず耕作もせざれば、馬はにあそばせおく事百日あまり也。