“顕然:まざまざ” の例文
“顕然:まざまざ”を含む作品の著者(上位)作品数
フセヴォロド・ミハイロヴィチ・ガールシン1
二葉亭四迷1
“顕然:まざまざ”を含む作品のジャンル比率
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
キリキリと二三遍廻ったという今聞いた話が胸に浮ぶと、そのキリキリと廻ったポチの姿が、顕然まざまざと目に見えるような気がする。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
唸声うなりごえ顕然まざまざと近くにするが近処あたりに人が居そうにもない。
今でも目をねむると、直ぐ顕然まざまざと目の前に浮ぶ。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)