“須要”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しゅよう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“須要”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 絵画 > 絵画3.7%
芸術・美術 > スポーツ・体育 > 戸外レクリエーション1.4%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
しかも私達は往々その悲しい結果をさとらないのみか、かくの如きはあらねばならぬ須要しゅようのことのように思いなし易い。
惜みなく愛は奪う (新字新仮名) / 有島武郎(著)
それを充実させるためには、やはり天然の資料を豊富に摂取する事が須要しゅようである。
二科会展覧会雑感 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)