“霧散”の読み方と例文
読み方割合
むさん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
打ち揚げておかねば、せっかくな気運も、一時だけで、霧散してしまおう。……何といっても、みかど(後醍醐)のご遠島は、宮方の大きな沮喪であったからな
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
勝家は身をもってれたが、勝家の羽翼であった全軍は、完全に潰滅霧散し去った。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
嘆息は彼の癖であった。何事にまれ胸中を打ち割って他に語るとか、憂いを磊落霧散してしまうとかいうことのできない彼は、それを独り——ああという一語によってせめてもの自慰としていた。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)