“雨雪”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うせつ66.7%
あめゆき33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“雨雪”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
女は暑さをも寒さをも夜闇よやみをも雨雪うせつをもいとわずに、衝動的に思い立って、それを買いに往くことがある。
(新字新仮名) / 森鴎外(著)
くも雨雪うせつをわきまふ
孔雀船 (旧字旧仮名) / 伊良子清白(著)
雨雪あめゆきとって来てやろか。」「うん。」ポーセがやっと答えました。
手紙 四 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)