“隄”の読み方と例文
読み方割合
つつみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
王急に走りてに登り、っていで、後継者を招くが如くしてれ、而して衆を率いてせて入る。平安鎗刀を用い、向う所敵無し。燕将陳亨、安の為に斬られ、徐忠亦る。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
隄空鎖葛西家 にしてしく葛西の家
向嶋 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
そのお前さんが土や木のくのも