“鉄銅”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かねどう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鉄銅”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
秋は独楽こま鉄銅かねどうの独楽にはなかなか高価たかいのがあって、その頃でも十五銭二十銭ぐらいのは珍らしくありませんでした。
我楽多玩具 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
まだ、鉄杖てつじょうを斬るとか、よろい鉄銅かねどうを斬るとか、だいぶ項目が残っていたが、
山浦清麿 (新字新仮名) / 吉川英治(著)