“銅絃鉄撥”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
どうげんてつぱつ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“銅絃鉄撥”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
れ、銅絃鉄撥どうげんてつぱつ劈雲へきうんの調に激して黒竜江畔にひゞけば、大水忽ちに止まつて血涙の色をなせりき。
閑天地 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)