“金物屋”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かなものや100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“金物屋”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸3.2%
芸術・美術 > 彫刻 > 彫刻史 各国の彫刻1.2%
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そのまちには、むかしからの染物屋そめものやがあり、また呉服屋ごふくやや、金物屋かなものやなどがありました。
海のかなた (新字新仮名) / 小川未明(著)
それから駒形に接近した境界さかいにこれも有名だった伊阪いざかという金物屋かなものやがある(これは刃物が専門で、何時いつでも職人が多く買い物に来ていた)。