“野明”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
のあき50.0%
やめい50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“野明”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
玄関に待つ野明のあきさんは坊主頭ぼうずあたまである。
京に着ける夕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
しかし去来には風国ふうこく野明やめい位より外に弟子がない。
俳句上の京と江戸 (新字新仮名) / 正岡子規(著)