“酔歩蹣跚”の読み方と例文
読み方割合
すいほまんさん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
神尾主膳は、さしおいた伯耆の安綱の刀を持って酔歩蹣跚として、逃げて行くお銀様の後を追いかけました。
大菩薩峠:14 お銀様の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
酔歩蹣跚と立ち向った大柄な武士があって、かなり腕の利く男だったという。
口笛を吹く武士 (新字新仮名) / 林不忘(著)
国民学校教師、野中弥一、酔歩蹣跚の姿で、下手より、庭へ登場。右手に一升瓶、すでに半分飲んで、残りの半分を持参という形。左手には、大きい平目二まい縄でくくってぶらさげている。
春の枯葉 (新字新仮名) / 太宰治(著)