“車舎人”の読み方と例文
読み方割合
くるまとねり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
車舎人として、都で仕えた藤原忠平を、心にたよって——摂関家への、上訴と、そして情状の酌量をも仰いだ——彼としては、一字一行も、涙なきを得ない、衷心吐露した文書である。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)