“象面”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しょうめん50.0%
フェーゼス50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“象面”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
博士が忽然こつぜんと著名になったのは、今までまるで人の眼に触れないで経過した科学界という暗黒な人世じんせい象面しょうめんに、一点急に輝やく場所が出来たと同じ事である。
学者と名誉 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
唐突とうとつなるかけ離れた二象面フェーゼスが前後して我をとりこにするならば、我はこのかけ離れた二象面を、どうして同性質のものとして
思い出す事など (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
——余のごとき神経質ではこの三象面フェーゼスの一つにすらえ得まいと思う。
思い出す事など (新字新仮名) / 夏目漱石(著)