“フェーゼス”の漢字の書き方と例文
語句割合
象面100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
唐突とうとつなるかけ離れた二象面フェーゼスが前後して我をとりこにするならば、我はこのかけ離れた二象面を、どうして同性質のものとして
思い出す事など (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
——余のごとき神経質ではこの三象面フェーゼスの一つにすらえ得まいと思う。
思い出す事など (新字新仮名) / 夏目漱石(著)