“聴耳”のいろいろな読み方と例文
旧字:聽耳
読み方(ふりがな)割合
ききみみ87.5%
ききみゝ6.3%
きゝみゝ6.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“聴耳”を含む作品のジャンル比率
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語1.6%
文学 > 中国文学 > 小説 物語0.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
叔母は別に取り合う様子もなかった。その時裏で真事の打つ空気銃の音がぽんぽんしたので叔母はすぐ聴耳ききみみを立てた。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
が、どうなりそれをやりおおせると、彼はなるだけ体を動かさない工夫をして、遠くの物音に聴耳ききみみを立てた。
次郎物語:01 第一部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
かたの如く頭を垂れて温和おとなしく祈祷に聞きとれてゐた憲法学者はひよいと聴耳ききみゝを立てた。
「はい。」と浅之丞はしたぱらを撫でながら、じつと聴耳きゝみゝを澄ませた。腹のなかでは猫の啼き声どころか、鼠一匹潜つてゐる容子ようすも見えなかつた。