“繊々”の読み方と例文
読み方割合
せんせん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あはれ、この少女のこころはに狭き胸の内に閉ぢられて、こと葉となりてあらはるる便なければ、その繊々たる指頭よりほとばしり出づるにやあらむ。
文づかひ (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
「あなたは、この新月がお好きだそうでございますね、さきほど『長安古意』の、繊々たる初月、鴉黄に上る……を口ずさんでおいでのを承りましたよ」
大菩薩峠:36 新月の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
その間に繊々としてかかる新月の美しさ。そうして、微かなるその新月の光に向いた山の峰が、涙の露を糸に引いたようなカーヴをかけているいじらしさ。
大菩薩峠:27 鈴慕の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)