“繊塵”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
せんじん50.0%
せんぢん50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
飄逸、洒脱、繊塵を止めず、風去って山河秋色深し。更にす。看よ。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
火前の片羽となり風裏の繊塵と為して呉れむ、仏に六種の神通あれば朕に千般の業通あり、ありとあらゆる有情含識皆朕が魔界に引き入れて朕が眷属となし果つべし
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)