“総囃子”の読み方と例文
読み方割合
そうばやし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あなたの狛笛、曲や終りけん、ハタと止んで、こんどは能がかりの総囃子が、前よりも、調子高く、大鼓を入れて鳴り出します。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)