“經歴談”の読み方と例文
読み方割合
けいれきだん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
うらゝかに、甲板で、大佐や、濱島や、春枝夫人や、轟大尉や、其他乘組士官水兵等相手に、小説にもたる經歴談は、印度洋のごとく連綿としてくるもなかつた。