“素稽古”の読み方と例文
読み方割合
すげいこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その坊主頭の盲目のおばあさんが、キンボウとヤイチャンを前にならべて、た渋いのどで唄の素稽古をする。そばで聞いていて二絃琴の唄はすっかり暗唱しているのだ。