“素無垢”の読み方と例文
読み方割合
すむく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
闇太郎の貞太郎は、それまでは極めて物堅く育てられ、世間のことはなにも知らなかった。素無垢な、武術文学に、貧しいながら身を入れてきた少年だった。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)