“素奴”の読み方と例文
読み方割合
しゃつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
い炎の息を吹いても、素奴色の白いはないか、袖のいはないか、と胴の狭間、帆柱の根、錨綱の下までも、あなぐり探いたものなれども、孫子け、僧都においては
海神別荘 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)